満たすべき条件とは


消費者金融からお金を借りるに際しては、各社が設定する一定条件をクリアする必要があるので、利用可能か否かの審査が避けられません。貸付金額プラス利息の返済能力の有無がその鍵を握り、定収入を有しているのか、過去に金融事故すなわち延滞歴を有していないかなど、業界全体での着目点は共通しています。ただしそのハードルの高さには社毎に差や違いが見られ、これが「借りやすい業者」「審査がつらい業者」といった印象につながっています。

学生ちなみに基本的に共通するポイントとして、未成年や、過去に延滞歴すなわち所定の期日までに返金しなかった前歴が顕著な場合、不適格という審査結果になります。一方学生であってもアルバイトで定収入があるなどの場合、利用可能限度額を抑え目に設定しての利用が可能な場合もあります。対して正社員の場合も、勤続期間が短い場合などは、他に何の問題が見当たらずとも不可判定となってしまうケースも、残念ですがゼロではありません。

また一度審査に落ちたからと諦める事はありません。一定期間を経た後にパスするケースも見られ、あくまでも消費者金融業界内における、利用希望者の総合的な信用度合いが判断の鍵を握っています。ちなみに各業者は可否判定の理由を利用者に伝える義務はなく、納得がいかないと問い合わせたとしても回答は得られません。それでは、最後に厳守すべきポイントについて説明します。

Comments have been closed/disabled for this content.